脱毛のメカニズムと選び方

2018年10月10日

脱毛のメカニズムと選び方



脱毛の種類で違いがあるのをご存知ですか?



脱毛サロンで行われる脱毛方法として、よく目にするのは、フラッシュ脱毛(光脱毛)でしょう。少し前まではレーザー脱毛が主流でしたが、最近は医療脱毛で行われることが多くなりました。

一見、似ているように見えるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)ですが、仕組みが少し異なります。
どちらの脱毛方法にしようか迷っている人にとっては、その違いが気になるところですよね。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)の違いについて、まとめてみました。




レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いって何?



レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も光を照射するレーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、特殊な光を照射して脱毛処理を行います。光が黒い色素に反応する特性を利用して、毛根にダメージを与えるのが目的です。2つの脱毛方法の違いは、脱毛するときの光の波長です。

レーザー脱毛の波長は単一の波長で強い光を当てることに対し、フラッシュ脱毛の波長は複数の波長を広範囲で照射するものです。
フラッシュ脱毛(光脱毛)についてフラッシュ脱毛はIPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すしくみです。
サロンによって呼び名が違い「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」などと呼ばれます。フラッシュ脱毛(光脱毛)は、レーザー脱毛に比べて出力が弱いため肌に優しい、痛みが少ないということがあげられます。ところで毛には「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルがあり、それを毛周期と呼びます。
毛が生えてくる成長期に行うため、2〜3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。これを約1〜2年繰り返し、施術が完了します。
レーザー脱毛に比べると、フラッシュ脱毛の光は弱いので、研修を終えたエステティシャンならば誰でも行うことができます。



レーザー脱毛とは?



レーザー脱毛についてレーザー脱毛はダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛方法です。フラッシュ脱毛が幅広い波長の光を使うのに対し、単一の波長のレーザーを用います。フラッシュ脱毛よりも出力が高いため痛みを感じることがありますが、クリニックでは麻酔クリームを事前に塗ることで、さらに痛みを軽減させています。レーザー脱毛を使うためには医療従事者でないと使うことができないため、サロンなどでは使えないこともあります。基本的には病院で施術をすることになります。フラッシュ脱毛と違い、5.6回の施術で終わることがほとんどです。フラッシュ脱毛も光脱毛も痛みを伴いますがメラニンが多い箇所に痛みを感じることがほとんどです。



光脱毛のできるエステサロン



レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、どっちを選ぶ?



以上のように、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛のメカニズムはよく似ていますが、若干の違いがあります。

レーザー脱毛は比較的痛みを感じる人が多く、光脱毛は痛みが少ないことをうたっています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人はフラッシュ脱毛を選ぶ方が良いかもしれません。
また、レーザー脱毛は一般的にフラッシュ脱毛よりも費用が高くつくことが多かったのですが、最近は医療脱毛で行われるレーザー脱毛でも安いコースが設定されているところが増えました。

効果という面からみると、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高いといわれます。脱毛後にまた毛が生えてくるのもレーザーの方が少ない、もしくは頻度が低いといわれていますので、多少脱毛費用が高くても結果的にはお得になるケースがあります。

レーザー脱毛かフラッシュ脱毛か、決めかねている人は、両方のコースそれぞれにカウンセリングや無料体験を受けてみるというのもおすすめですよ。

いちご鼻を改善しよう!

2018年10月05日
黒いボツボツの目立ついちご鼻の改善することは、難しいと考える人は多いのではないでしょうか。

それどころか、ケアするほどに症状が悪化する女性も少なくありません。

いちご鼻が改善しない、もしくは黒ずみが余計に目立つようになる原因は、間違ったスキンケアにあります。

正しい方法で症状の改善に努めなければ、いちご鼻と一生付き合っていくことになります。




@過度な角栓ケアはいちご鼻を悪化させる原因



毎日のように角栓ケアに励む女性は、いちご鼻の症状が悪化していませんか?

メディアや美容雑誌でもなにかと話題の角栓ケアですが、実はスキンケアの方法としては危険なのです。

ピーリングや毛穴パックで角栓を除去しても、肌にかかる負担が大きすぎるため、結果的にいちご鼻の症状が悪化してしまいます。

また、角栓を除去した後の毛穴には雑菌が入りやすく、肌荒れを起こしやすい女性の場合、ニキビや色素沈着の原因にもなります。

このように、過度な角栓ケアはいちご鼻を悪化させるだけなので、まずは正しい方法での改善を目指しましょう。




A健康的な肌質に戻せばいちご鼻は改善する




女性の多くは、肌荒れ対策として、あらゆる角度からスキンケア方法を試すでしょう。
確かに、皮脂や吹き出物ができにくい肌質になるための努力は必要です。

しかし、その方法によっては、皮膚を著しく傷つけてしまう場合があります。

洗浄力の強いクレンジングや角栓ケアを実行するよりは、健康的な肌質に戻すことを前提とすべきです。

ターンオーバーの乱れやバリア機能の不調を解消することこそ、いちご鼻を改善する1番の近道なのです。




B肌に負担をかけないケア方法でいちご鼻を改善しよう




いちご鼻を改善するために必要なのは、健康的な肌質に戻すことです。

それには、肌に負担をかけないケア方法を選択することが必須条件になります。

刺激の強い洗顔料を使わないことはもちろん、角栓ケアのしすぎや保湿不足にも気をつけたいもの。

また、週に1回を超えるピーリングは避けるべきといえます。

肌への刺激を最小限にとどめるほか、紫外線対策としてのUVケアも欠かさず行いましょう。

清潔で健康的な皮膚を取り戻したとき、あなたを悩ませていたいちご鼻はすっかり改善しているはずです。


ふくらはぎダイエットはむくみ対策から

2018年09月20日

太いふくらはぎが気になって、ダイエットしたいと思っている人は多いことでしょう。
下半身が太いと上半身や顔がすっきりしていてもバランスが悪いので美しく見えませんね。

しかし、ふくらはぎのような下半身は、特に体脂肪が蓄積されてやすいといいます。
特に下半身は、老廃物がためこまれやすい部位なので、一度太くなると、ダイエットで引き締めることが困難です。

太ももは、服装に気をつければカムフラージュすることができますが、ふくらはぎは隠しようがないため、ダイエットの必要性が切実です。
長年、ふくらはぎがふっくらとしているところを、どうにかしたいと考える人もいます。

では、ふくらはぎのダイエットは様々なアプローチがありますが、どのような方法がいいものでしょうか。
ふくらはぎは体重を減らしてもスリムになる部位ではありませんので、集中的にマッサージを行い、リンパの流れを改善させる必要があります。
なぜなら、ふくらはぎが太いにはむくみが原因かもしれないからでsy。

リンパ腺の流れを改善するためのリンパマッサージを行うことによって、むくみを改善すれば、ふくらはぎを引き締めることが可能になります。



ふくらはぎの後ろ側を指でつまみ、固くこわばっている場所を見つけて、マッサージをしていきます。

ふくらはぎのむくみ改善には、マッサージ用のローラーでも効果的ですし、指の腹を使ったマッサージでもいいので、続けやすい方法でやるといいでしょう。

両手を使って丁寧にもみほぐすほうがリンパマッサージの効果は上がりますが、長続きする方法にしたほうが意味があります。

ローラーを駆使してふくらはぎのマッサージをする方法の利点は、手がるにできて、手が疲れないことです。
ぜひ、続けられる方法でむくみを改善してふくらはぎを細くしましょう。

敏感肌のクレンジング

2018年08月24日
敏感肌の人は、外部からの刺激や摩擦にとても弱く、健康な皮膚の状態とはいえません。
みなさんの中にも、クレンジング時に痒みをともなう人はいるのではないでしょうか?

健康な皮膚であれば、界面活性剤、香料、多少の色素沈着があっても特に肌荒れを起こすことはありません。

しかし、敏感肌となれば話は別です。
皮膚を少し掻いただけでも赤く腫れあがり、痒くなってしまうことは大いにあり得ます。

そこで今回は、
敏感肌におすすめのクレンジング料について解説します。
ポイントは、「痒み」の起こらない製品を選んで使うこと。

敏感肌はクレンジング料でも痒みをともないやすい




敏感肌は、クレンジングでも痒みをともなう場合があることを知っていますか?
たった1度の洗顔でさえも、皮膚炎を引き起こす人は少なくありません。

●敏感肌の人がクレンジングで痒みをともなう理由

健康的な皮膚を構成するにあたって、バリア機能の存在は欠かせません。
紫外線・ホコリなどの多い環境下に置かれていても肌荒れしない人というのは、それだけバリア機能の働きが良いということなのです。

一方、敏感肌の場合は、外部からの刺激・細菌の侵入に抵抗する力が弱い…。
そのため、たった1度のクレンジングでも皮膚炎を発症し、痒みをともなう場合が多いのです。

敏感肌におすすめのクレンジング料は手に乗せても痒くない製品



敏感肌用のクレンジング料は数多く出回っていますが、確実に皮膚炎を起こさない方法はただ1つ。

それは、手のひらにクレンジング料を乗せてみて、肌荒れしないか確かめる方法です。
口コミ・評判の良さを見ただけで、安易に顔周りに塗布することはおすすめしません。

あくまで自分の皮膚に付着しても害のない製品だけが、あなたの肌質に合ったクレンジング料ということになります。

●敏感肌におすすめのクレンジング料選びのポイント

☑香料、着色料、防腐剤、鉱物油不使用
☑高級アルコール成分なし
☑セラミド配合
☑低刺激で痒くならない
☑アミノ酸で肌質に近いクレンジング料


このように、敏感肌におすすめのクレンジングは、痒みをともなわない低刺激なもの。
余計な香料などは含まず、あくまで無添加にこだわった製品が望ましいのです。
また、アミノ酸入りで肌質に近いタイプもクレンジングに最適。

薄毛や抜け毛の対策には生活習慣の改善

2018年08月19日
薄毛や抜け毛の対策には生活習慣の改善が大切です。
最近では、女性で薄毛に悩む方もふえています。
エイジングケア世代の女性は特に注意しましょう。

薄毛や抜け毛対策にはいくつかの方法があります。
近年では、育毛剤を使って薄毛や抜け毛対策を講じている人も多く、様々な育毛剤があります。

薄毛や抜け毛にならないために、規則正しく健康にいい生活を送るということも、重視されてきています。

洗髪で薄毛・抜け毛対策



髪を洗い過ぎたり、洗わずに不衛生にしていると薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。頭皮を傷めないためには、洗髪は1日に何回もしないように気をつけましょう。
髪質や、肌質に合わせた洗髪剤を使うこと、頭皮に負担がかからないようにそっと髪を洗うことです。
適切なシャンプーでの洗髪は、頭皮をマッサージする効果があり、血行を促進するので薄毛や抜け毛予防になります。

一方、髪を傷めるパーマ、ブリーチ、カラーリングなどは、何回も繰り返し行っていると、薄毛や抜け毛の原因になることがあります。
これらも回数は少ないにこしたことはありません。
できればしないようにすることで薄毛や抜け毛を防ぎましょう。

生活習慣で薄毛・抜け毛対策



また、生活習慣の改善も大切
薄毛や抜け毛対策を講じるためには、たばこはやめましょう。たばこを吸い続けていると、末端の血流が悪くなります。

お酒を飲んでいると、つい夜更かしをしてしまいがちですので、生活リズムの改善のためには、飲酒量は減らしましょう。

髪の毛は夜間の就寝中に頭皮に血液が流れて成長するので、睡眠不足等の生活習慣の乱れは、髪の毛に悪影響を及ぼします。

できるだけ精神的なストレスを溜め込まないこと、貯めたストレスをどこかで解消することも、薄毛や抜け毛対策には重要なポイントになっています。

エイジングケア世代の女性は、頭皮ケアと生活習慣の両面から薄毛や抜け毛を防いでくださいね。
< 1 2 3 4 >
プロフィール
管理者:お客様のエイジングケア

2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集