ホントにヒアルロン酸をご存知ですか?

2017年02月20日
今回は、正しいエイジングケアのための保湿成分のご紹介。

だれもよくご存じのヒアルロン酸について幅広くご紹介します。


美容成分として知らない人はいないとされるヒアルロン酸ですが、一言にヒアルロン酸といっても種類がたくさんあり何を基準に選べばいいのか悩みますよね。

ヒアルロン酸という名前を知ってはいても正しい知識を知らずに使っている人も多いのではないでしょうか?

ではヒアルロン酸とはもともと何が原料となっているのでしょうか?

ヒアルロン酸の美容や健康に対する効果やヒアルロン酸配合している化粧品の選び方などヒアルロン酸のいろはを教えちゃいます。

ヒアルロン酸とは?



もともと人間の体内に存在しているとされる成分で眼球の中にある硝子体の成分でもあります。

他にも皮膚やへその緒などにもたくさん含まれています。

へその緒にはお母さんの体から酸素や栄養を赤ちゃんには運びますが、そのへその緒が捻じれて機能しなくならないようにヒアルロン酸で満たされています。

ヒアルロン酸はムコ多糖類に分類されるのですが、ねばねばしたムコ多糖類の中でも水分を保持する保水力に大変優れていてたくさんの水をお肌に蓄え潤わせる他、関節の粘性と弾性という効果ももたらします。

ヒアルロン酸特有の粘性が組織同士をくっ付ける働きがあることもわかっています。

ヒアルロン酸のはたらき



ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在しており水分の保持やクッションの役割も担っています。

肌の保湿はもちろんのこと、水分不足によるしわやたるみ、ハリなどの予防や改善、関節軟骨機能を保持することなどの美容効果も期待出来ます。

元々が牛の眼球の硝子体から発見されたので目の疲れや、老眼の人の治療にも使われます。

また、女性には嬉しい生理痛の緩和や更年期障害にも効果があるとされています。

ヒアルロン酸は単体で取っても十分効果はありますがコラーゲンやビタミン、エラスチンなどと一緒に取ることでより相乗効果を発揮します。

特にビタミンB類と一緒に摂取するのがおすすめです。

ヒアルロン酸の保湿力



ヒアルロン酸の保水力は1gあたり水6ℓ分を保持することが出来るとされ健康や美容のために大変注目されています。

重量で換算するとなんと6000倍となります!

人間の体はほとんどが水分で出来ているのでいかに水分が大切なものか理解することが出来ますね。ヒアルロン酸は加工され食品や、サプリメント、美容液などに配合されています。
口から摂取る方法は医学的には実証されておらずすぐに分解されてしまうことや腸では吸収しにくいので疑問視されています。

ヒアルロン酸は人間が生きていくためになくてはならないものとして知られています。

またヒアルロン酸には種類があり、ヒアルロン酸ナトリウムは分子が小さいため肌の奥深くまで浸透しやすいと言われています。

またスーパーヒアルロン酸と呼ばれるものもあるのですが正式な名前をアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムといいます。

通常のヒアルロン酸よりも2倍の保水力が期待できます。

加齢とともに減るヒアルロン酸



ヒアルロン酸の体内含量は20歳を上限に段々と下降しさまざまな老化現象を起こします。

その語自ら積極的に摂取しないと勝手に増えることはなく40歳を過ぎた頃からさらにスピードをあげていき60代になるとなんと20代の半分にまで保有量が下がってしまいます。

加齢とともに減少するヒアルロン酸は補充することが必要です。

人間の関節は正常な状態ですと硝子軟骨と呼ばれる部分にヒアルロン酸が含み骨を覆っています。

弾力性がなくなってくると硝子軟骨が減ることでクッション機能が弱まり、骨同士がぶつかることで痛みが出て変形してしまいます。

治療としてもヒアルロン酸は使われています。

関節に直接高分子のヒアルロン酸を直接注射し補給します。

注射することで関節は元の状態に戻る他、ヒアルロン酸注射は高い安全性も保障されています。

ヒアルロン酸配合化粧品を選ぶポイント



一般的に販売されているヒアルロン酸入り化粧品には選ぶ時にいくつか注意点があります。

それは「配合濃度」・「価格」・「製造過程」・「信頼できるメーカーであるかどうか」を基準に見ていきましょう。

・ヒアルロン酸の配合濃度をしっかり確認しましょう。

ヒアルロン酸配合の化粧水や美容液はたくさんみかけますが配合されている濃度によって効果は変わってきます。

化粧品の裏を見てみると配合量が多い順番に並んでいます。

ヒアルロン酸と相性がよく効果が期待できる成分はグリセリンだと言われています。

水、グリセリン、ヒアルロン酸が多めに配合されているものがおすすめです。

ヒアルロン酸が何番目にあるかどうか確認してから購入するようにしましょう。

・ヒアルロン酸を配合している化粧品も1000円〜1万円以上と値段に関してはピンキリです。

化粧品の原価は安いと聞きますが販売価格の5%〜10%が原価だと言われています。

残りは広告費や宣伝費などになるのですが、値段が高いからいい商品ということはなさそうです。

値段の差もメーカーが決めることが出来るので価格が品質を保証するものではないことを覚えておきましょう。

また安すぎる価格もほんの1滴しかヒアルロン酸を配合していなくてもヒアルロン酸入りと謳えるので注意が必要です。

・ヒアルロン酸の製造工程も大切です。

ヒアルロン酸は熱に弱いため加熱処理をしていないか?

遺伝子組み換えを行っているのか?

何を培地にしているのか知る必要があります。

ヒアルロン酸の製造工程には鶏や牛の関節や軟骨などから取っていましたが微量にしかもともとなかったことから現在では微生物を用いた培養法による製造方法が主流になっています。

安全性を保持するためさまざまなメーカーが工夫を凝らしています。

口コミなどを参照し信頼できるメーカーで購入するようにしましょう。

お肌の機能と老化とエイジングケア

2017年02月11日
お肌の機能と老化とエイジングケアのお話です。

今回は、お肌の大切なはたらきと役割について解説します。

また、お肌の機能が劣化すること、つまり「お肌の老化」についても触れていきます。
エイジングケアで健やかなお肌を保つためには、まずはそのはたらきを知ることが重要です。
一緒に、エイジングケアの勉強しましょう。


お肌のターンオーバーはエイジングケアの要



お肌の表皮の基底層は、お肌の生産工場です。

表皮の下にある基底層で表皮細胞が生まれ、古い表皮細胞を次々と上へ押し上げ、角層へと上がっていきます。

そして、最後は垢となり、剥がれ落ちていくことを「ターンオーバー」と呼びます。

通常、このターンオーバーは28日周期で行われますが、年齢を重ねるにつれて、ターンオーバーの周期は長くなり、40代になると40日周期になるといわれています。

肌がくすむ、シミが増えた・濃くなったという症状は、ターンオーバーの機能が低下しているサインです。

逆に、顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしていると、未熟な細胞が表面に上がってきてしまうので、皮膚中の(?)水分を保持することが難しく、乾燥の原因となったたりします。

ターンオーバーは早くても遅くても美しいお肌にはなりません。

健康な角質細胞をつくり出せるよう、一定のサイクルを保つことが美肌への第一歩なのです。

エイジングケアで大切なのは、ターンオーバーの正常化だと心得ましょう。

皮膚の役割を知ってエイジングケア



皮膚は、温度や湿度など変化する環境に対して、一定の状態を保持しようとさまざまな防御機構を備えています。

皮膚をとりまく環境には、温度や湿度のほかに(?)、紫外線、病原菌など皮膚に刺激を与えるものもあり、これらの攻撃からも身体を守ってくれています。

ここでは、皮膚の主な役割について説明します。

バリア機能:病原菌や化学物質などが体内に侵入しないように保護する作用があります。

「角層」と「表皮」というすぐれたバリア膜が身体を覆っているので、外敵を防ぐと同時に体内の環境も守ってくれています。

体温の調節:皮膚は熱を通しにくく、寒いときは体温が外に逃げ出すのを防ぐはたらきをしています。

逆に、気温が高いときや、激しい運動の後はたくさんの汗をかきますよね。

これは、汗が蒸発するときに皮膚の表面を冷やし、体温を下げています。

脂質の分泌:皮脂腺の細胞は、自ら脂質を細胞内に貯め込んで、皮膚の表面に脂を分泌させます。そして、皮膚表面を脂質で覆って乾燥から皮膚を守る役割をしています。

知覚の作用:皮膚は熱い・冷たい・痛い・痒いなどの感触や、触覚を敏感にとらえて脳へ伝えます。この作用のおかげで、高温のものが肌に触れたときなど瞬時に身を避けて警戒することができるのです。

自己再生:多少の傷を負っても、皮膚は自己再生能力を発揮して、傷を修復する機能があります。

こうした皮膚の役割をしっかり理解することがエイジングケアには大切です。


エイジングとは?老化とは?



悲しいことですが、だれでも年齢を重ねるにつれて、お肌の弾力、ハリ、潤い、ツヤがなくなってきて、くすみ、たるみ、シワができてしまいます。

また、紫外線などのダメージで、シミ、そばかす、くすみ、ほくろなどが増えることもあります。

このような症状を、「お肌のエイジング」または「老化」と呼びます。

少し難しくいうと、「老化とは、お肌が本来持っている機能が劣化する」ということです。

「お肌の機能が劣化する」というのは、具体的にはどうなっているのでしょうか。

お肌の内側にある線維芽細胞の数が減ったり、細胞自身の活力が低下したりすることを示します。

また、外側の表皮細胞のターンオーバーが遅くなることも老化の症状です。

老化の症状が進むと、真皮にあるコラーゲンやエラスチンの質が落ちたり、数が少なくなったりして、皮膚の弾力低下、血液循環の悪化、皮膚が薄くなるなどといった状態になるのです。

つまり、皮膚の内側が衰えることで、くすみ、たるみ、シワ、シミとなってあらわれるのです。

老化の原因は、上記に挙げたように加齢による細胞の衰えや紫外線のほかに、酸化、乾燥、糖化*、ホルモンの減少、血管やリンパ管の老化などさまざまです。

*糖化とは、体内にあるタンパク質と、食事によって摂取した「糖」とが結びついて、糖化タンパク質つくられることです。

血管や真皮などを硬くして、身体中を老化させる原因といわれています。

こうしたエイジングを化粧品で少しでも予防することがエイジングケアです。

もっと詳しく知りたいなら、エイジングケアを学ぶメディア「エイジングケアアカデミー」がオススメです。

顔のたるみは、エイジングケア化粧品は効かない!だからエステが良い!

2017年02月04日
40代や50代の声を聞くと、様々な肌悩みが目立ちますね。

中でも一番やっかいなのが、顔のたるみです。

顔のたるみといえば、代表的なのが、ほうれい線やマリオネットラインです。


これらの顔のたるみはエイジングケア化粧品では改善しません。

なぜなら、たるみは、表情筋の衰え、真皮の衰え、皮下組織の衰えの3つが原因だからです。
この3つにエイジングケア化粧品は無力なのです。

もちろん、エイジングケア化粧品で乾燥を防ぐことで、顔のたるみの予防はできるのですが、根本的な解決にはなりません。

また、紫外線を浴びると、お肌は実年齢より早くくすみやたるみができることがありますので、紫外線予防は重要です。
夏でも冬でもしっかり紫外線対策は行いましょうね。

お肌の血流をよくし、美肌効果を得るためにマッサージを行う人もいますが、皮膚を強くこすると、かえってしみやたるみの原因になります。

顔の自己ケアは、間違った方法をしていると肌トラブルが起きる場合もあるので注意が必要です。



自分で肌の手入れをしようにも、技術も知識も不安があるという人は、エステの専門技術に頼るといいでしょう。

お肌のお手入れに悩んでいるという人は、顔の美容はエステを利用するといいでしょう。

エステで行われているフェイシャルは、肌ケアのほかにも小顔やリンパ系のマッサージなど多種多様なメニューがあります。

透明感のある白い肌に憧れて、美白コースを利用しているという人もいます。

エステの美白コースでは、クレンジングの後に泡洗浄をして顔を清潔な状態にして、それから優しくマッサージをします。

ニキビやシミ、たるみなど肌トラブルが気になる部分については、美容パックのオプションも人気が高いそうです。

リフトアップ効果があるマッサージや、光施術などがエステにはありますので、肌のたるみ対策に有効です。

お肌に滞っている不用な水分や、リンパ液の排出を促すケアを受けられますので、たるみ対策だけでなく、骨格のズレを直す作用もあります。

これでも難しいようなら美容整形や美容医療も試すのも良いかもしれませんね。

顔のたるみは誰も嫌ですから、早く改善したいですね。

でも一番大切なのは、予防であることを忘れずに!


< 1 2 3 4
プロフィール
管理者:お客様のエイジングケア

2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
リンク集